グラフから読み取るCRシンフォギアの回転数

スポンサーリンク


今回は人気のシンフォギアを打ってきました!全国的に増台も多いので、パチンコで稼働するなら嫌でも打たないといけない台です(面白い機種でよかった〜笑)

パチンコ実践するのに必要なのはもちろん甘い釘を見分けることなんですが、僕はそこまで釘が見えません(笑)

なので、グラフから逆算して回転数を計算して、打つようにしています。今回はそのグラフから読み取る方法を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

グラフの見方


見るポイントとしては、だいたい10000発か5000発、2500発ぐらいのキリがいいところで下がっているグラフを探します。

お店のグラフでは飲み込んだ球数が正確に表示されないので、だいたいで把握するしかなく、キリのいいところがわかりやすいので、そうしてます。(飲み込んだ球数がわかるグラフは気にしなくて大丈夫です!)

このグラフは10000発マイナスなので、だいたい投資に4万円使っていることになります。大当たりデータからマイナスの間に一度4Rをひいているのが分かったので、さらに380発ぶん引きます。

回転数は99回転で一度4Rをひいて、710回転で連チャンしていました。なので、

投資が10380×4=41520円
回転数が99+710=809回
千円あたり約19.5回る計算になります。

つまりあまりいい台ではありません笑(4R380玉のボーダーは19.5ぐらい)

注意として、シンフォギアは時短がほぼないので、途中4R当たりをひいていても計算出来ますが、時短がついている台は、途中で当たっているとサンプルに加える事ができません。

この計算方法は出玉も飲み込んだ玉数も、だいたいで計算しているので、正確に確かめるには打ってみるしかないんですが、めぼしい台を見つけるのに役に立つと思います^ ^

今回の稼働ではこの方法で24回転回りそうな台をみつけ、確かめると5万円分で平均24.7回転、4R平均393玉、日当約2万円ほどの台を打つ事が出来ました。

打つとするなら1kあたり24回転は欲しいところですが、オーバー入賞がある程度決まる台ならもう少しボーダーを下げれます。

オーバー入賞は、6玉入れて、7発目弱めで8発目強打ちで、15Rで4~5回ぐらい決まりました。

あ、今回もサイトセブンさん使わせてもらいました!

データロボサイトセブン

サイトセブンTV

サイトセブンは最低でも月額300円かかるんで、ホールでグラフを見れる方は別に使わなくてもいいと思います(笑)

実践で色々写真取れたのでこっからフォトタイムっす(笑)

フォトタイム


結構当たる。雑魚演出でこれがこないとめっちゃハズれる。

期待度47%。10枚ぐらい連写しないとベストショットが撮れない

当たり濃厚?もちろん10枚連写

てがみから金文字。てがみから当たることが多いので、出現したら一旦打つのをヤメたほうがお得だと思います

デュランダル保留期待度72%。結構くる

期待度29%?ピンクの髪の子がタイプです

写真撮るときの隣のおばさんの目が痛かった

青8%、緑9%、赤40%、金92%、虹15R濃厚

期待度55%

ナイスタイミング(笑)

期待度60%。ピカピカ

15R引きよわ、、、

15連目の大当たり終了時に出現?

写真係疲れました(笑)

まとめ

シンフォギア楽しいですねー!通常のリーチが楽しい台に久しぶりに出会いました(笑)

エウレカセブンのときもそうだったんですが、面白い台に出会うと原作みたくなりますよね!内容だいたいわかっちゃいましたけど(笑)


ブログ村のランキングに参加しています!

推して頂けると励みになります。

良ければポチッとお願いします^ ^

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク